狭小地に建てる住宅|サカエ建設で夢が叶う|匠の技が冴え渡る!

サカエ建設で夢が叶う|匠の技が冴え渡る!

狭小地に建てる住宅

積み木の家

価格が安め

土地の価格が高い東京でも、狭小地なら比較的安く購入することが可能となっています。もちろん広い土地と比べると狭い分安いですし、それ以前に狭小地は用途が少ないことから、坪単価が安めに設定されているのです。ある程度の広さがあれば、駐車場や住宅用地として利用しやすいのですが、狭小地は狭い上に、L字や三角形だったりと、利用しにくい形状となっています。建物の多い東京では、このような狭小地が建物の隙間などに多く存在しています。だからこそ昨今では、この狭小地を利用した狭小住宅が東京で積極的に建てられるようになっています。土地が狭いのですから、そこに建てる狭小住宅も床面積が少なめとなっています。しかも土地の坪単価が安い分、一般的な戸建て住宅と比較すると、安く購入することができるのです。

限られた範囲に

狭小住宅は、限られた範囲を最大限に生かしたデザインにすることが肝心とされています。床面積が少ないのですから、デッドスペースが多いと、その分部屋が狭くなってしまうからです。逆に、階段の下や床下などに収納庫を設けたりすると、デッドスペースが少なくなるため、部屋を広くすることが可能となります。また、部屋と部屋とを隣接させることで、廊下を少なくするといった工夫も、部屋を広くするためには効果的とされています。そのため東京で狭小住宅を建てる人の多くが、こういったデザインを得意とするハウスメーカーや設計事務所に建築を依頼しています。そうすることで、価格が安い上に広々と快適に暮らせる住宅を手に入れることができるようになるのです。